• オムライス カフェ
  • HERO'S☆CAFE

  • ヒーローズカフェ
  •  

  • 住所:滋賀県甲賀市水口町梅が丘1-34 水口高校正門前
  • 交通:近江鉄道水口城南駅から徒歩7分
  • 駐車場:5~6台

HERO'S☆CAFEのブログ

PC・ケータイに送る 抽選会実施中

0748-63-5556

  • QRコード

ATARI GAME OVER 2018.07.10更新

ご担当者名

  • アニヲタ店長

PHOTO

  •  

  •  

アタリショックを引き起こした,


伝説のクソゲー」とされるゲーム


「E.T.」をめぐり,ATARIの辿った運命を


検証するという


ドキュメンタリー。。。






それが ATARI GAME OVER




すごい!ものを見た。


ホントにたまたま、普段はチェックしない、


CSチャンネルの番組表を何気なく見詰めていたら、




ATARIの文字が??Σ(゚Д゚)




むむむむ!!あの、ATARIか??






当たり🎯だった!!




もちろん、ゲーマーとして、


アタリショックの話は、


知っている。


そして、何よりも、俺は。。。


実は、初めてのコンシュマーゲーム機は、


ファミコンでも、MSXでも、セガマーク3でも、


カセットビジョンでもなく!




(=゚ω゚)ノ Atari 2600 なのだぁぁ!




なぜか?それは、まあ置いといて、( 」゚Д゚)」


とにもかくにも、ファミコンブーム訪れる、


数年まえ、世間では、ゲームウオッチ、


LSIゲームが大流行のさなか、


おれは、ATARIに夢中。




だからこそ、長年、いきなり、なくなった、


ATARIのことはすごく気にはなっていた。


もちろん、ETや、大量のクソゲー生産のつけ。


そんな、一般的な理由はしってはいたが、


本当の意味でのアタリショックを理解してはいなかった。


その真実が、いま、まさに、




この映画 ATARI GAME OVER」 に!!




Σ(゚Д゚)スゲェ!!




おれは、偶然とはいえ、なんて幸運なんだ。


ゲームの神様が俺にはついているのか?


そう思えた。


早速録画して、何もかもを差し置いて、


すぐにみた。




アタリ社が自社のソフト「E.T.」をアラモゴードの巨大ゴミ捨て場(砂漠)に大量に捨てた。古くから業界に伝わるこの噂を確かめるべく脚本家ザック・ペンは立ち上がった




うおおおおおおお!!!!(;゚Д゚)




掘り起こすのか??


廃棄された、ETのソフトを!!!




普段ドキュメンタリー映画など、まったく見ない、


おいらが、時間も忘れて、夢中でみた。


そうか、なるほど。。


いろんなこと、感じながら、、


ホントに、出てきた、ETのゲームソフト。




(´;ω;`)ウゥゥ


ちょっと、感動した。




なるほど。。


そういうことだったのか。。


まあ、大筋、いままでの、情報と大きな違いは、


なかったが、少し真実に触れたきがした。


任天堂は、この轍を踏まないように、


ファミコンに活かしたいとも聞いたが。


なんにせよ。


家庭用ゲーム機の今を作ったのは、


任天堂でも、セガでもなく、




やはり、ATARIだったんだろう。




日本人には、少し、なじみの薄いアタリなんだが、




俺は・・・。゚(゚´Д`゚)゚。




そして、思い出す。


やっぱり、ゲーム自体は、ファミコンのほうが、


断然面白い。


でも、思い出は美化されていく。


さらに、この映画をみて、


ほんの少しだけ、あの、超使いづらい、


ジョイスティックもどきの、アタリの、


コントローラーの感触を思い出していた。


そして、ふと、キャノンボールのジャッキーチェンが、


アタリのコントローラーで、何か操作していたなあ。。


そんあ事を思い出していた。


どれもこれも、幼い少年時代の出来事だった。






あれから、もう、ずいぶんと時は流れた・・


俺も、、すっかり、、大人になってしまった。


プレステ4はある。


 


アニメのような、実写のようなキャラが思いのままに動く。


きれいで迫力がある。


まるで映画を見ているようだ。




でも、なにか違う。


あの頃のような、純粋にゲームを楽しむ、


そんな心はもう、失われてしまったのかもしれない・・














久しぶりだね でも 変わったね


やけに器用にしゃべるんだね


あの日の少年はもう 見つけられずに


大人という死体を見ていた


 悲しみが痛いよ 


アイツが遠くなる


偶然は頼りなく 余所見する 溜息をくれた 。。。




EDテーマ 悲しみが痛いよ


 


 


(; ・`д・´) こら!勝手になにを!!


 


BY ツッコミ☆マスター










もしかしたら、俺が心から、


ゲーム楽しんでいた時期は、


もう、、すでに、、






GAME OVER  なのかもしれない。。










そう、continue はもうない・・ 




3・2・1・・ GAME OVER


















ページの先頭へ